ウォッチ!水樹奈々
水樹奈々【声優板】と【邦楽板】をピックアップ!
特別リンク

 ・ 君が望む永遠まとめ
 ・ ゲーム相場
 ・ 【2時ピタ】無乳動画
 ・ 【oricon】無乳動画
 ・ 水樹奈々着うた無料
 ・ ヤフオク相場
 ・ 用語まとめ
 ・ 良サイト

 ・ 水樹奈々声優板
 ・ 水樹奈々邦楽板
 ・ 2時ピタ反省会
 ・ LIVE UNIVERSE まとめ
 ・ ライブ後半まとめ
 ・ FCイベント詳細
 ・ マリエさんかわいい
 ・ 無乳誕生の瞬間



管理人

76thstar

76thstar
君は無乳。
リンクはフリーなので、
自由に貼ってOKです。



カテゴリ




ブログランキング

このブログの順位は↓

FC2ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ



アーカイブ



最新の記事



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キューバについて
①7回に3点もぎ取り逆転 集中力見せたキューバ

 アマチュア最強のキューバが、米大リーグのスターをそろえたドミニカ共和国に競り勝った。ベレス監督は「名は知られていないかもしれないが、チームのためにプレーしている選手の集まり」と、選手たちをたたえた。
 1点を先制された直後の7回だった。3番グリエルの三塁内野安打に失策が重なり、無死二塁。4番ボレロの代打サンチェスがまた三塁内野安打。捕逸で無死二、三塁となり、そこから二ゴロで同点、中前適時打で勝ち越し、中犠飛で3点目をつかんだ。
 相手のミスにつけ込み、積極的な選手起用で3点をもぎ取った。勝負どころでの集中力。アマチュア界に君臨するキューバの底力を見せた攻撃だった。
 投げてはエースのラソが5回途中から救援。大リーグ屈指の強打者が並ぶ打線を要所で封じた長身右腕は「ドミニカ共和国がこの大会を制してもおかしくなかったが、うちがそこ(大会制覇)に近づいた」と、誇らしげだった。
 亡命して大リーグでプレーする選手は、代表入りさせていない。監督は「キューバにはたくさんの野球選手がいる。質量ともに」と、ここでも胸を張った。(サンディエゴ共同)
                           (了)

[ 共同通信社 2006年3月19日 11:32 ]





②ドミニカ キューバを次々挑発

 ドミニカ共和国の練習後会見ではキューバを挑発するような発言が相次いだ。2次リーグでの対戦は7―3で快勝。アルーが「あすも観客が思うほど面白い試合にはならないと思う」と強気に語れば、主砲オルティスは「プロとして長年続けることの大変さを彼らは想像できるのかな」と大リーガーとしてのプライドを懸けて試合に臨むことを誓った。また左肩に炎症を訴えた中継ぎマルテの代わりに登録される予定だったレンジャーズの守護神コルデロが直前で合流をキャンセル。アクタ監督は「保険の問題がクリアできなかった」と説明した。

 ≪キューバは結束に自信≫ベレス監督がチームの結束力に自信をのぞかせた。米国が敗退したことを引き合いに出し「個々が目立ってもチームプレーは成り立たない。われわれはチーム自体がスターだ」と不敵な笑み。先発投手はマルティと発表し、打順については「プエルトリコ戦と同じ」と述べた。2番手には2次リーグ初戦のベネズエラ戦でロングリリーフしたラソを起用するとみられている。
(スポーツニッポン) - 3月19日6時6分更新





③キューバ2009年WBC開催要求

 準決勝進出が決まっているキューバのイギニオ・ベレス監督が16日、次回(2009年)以降のWBCについて、キューバでの開催を求めたことが明らかになった。米スポーツ専門ケーブル局ESPNが伝えたもの。同監督は「次回大会を開催することは、野球を愛する国にとって最大の名誉だ」としたうえで、「わが国は国際トーナメントを運営した経験もあるし、理想的な場所だと思う」と自らの理念を明らかにした。

 また、04年アテネ五輪で金メダル、一流メジャーリーガーが初参加した今大会でもベスト4に導いた指揮官は、成功を収めたWBCを4年ごとではなく2年に1度開催することも提案。米大リーグ関係者は「まだ09年大会はホスト国などの概要は決まっていない。ただし、キューバに開催するだけの力はある」とコメントした。

◆コーデロ合流

 ドミニカ共和国は故障の救援左腕・マルテ(パイレーツ)に代わって、昨季37セーブを挙げたレンジャーズの右腕・コーデロが、準決勝からチームに加わることになった。同国代表の予備メンバーだったが、レ軍キャンプで右肩痛を訴えて、辞退していた。「今は痛みもなく、調子はいいんだ」25球をリミットに、剛球右腕がキューバにキバをむく。
(スポーツ報知) - 3月18日8時1分更新





④キューバ4強!死闘4時間!監督退場乗り越えたアマ最強軍団

 (WBC・2次リーグ2組、プエルトリコ3-4キューバ、15日=日本時間16日、ヒラム・ビソーン・スタジアム)WBC2次リーグ2組の最終戦が行われ、キューバが4-3でプエルトリコに劇的勝利。2勝1敗でドミニカ共和国に続いて準決勝進出を決めた。審判に猛抗議したイギニオ・ベレス監督が退場となる緊急事態を乗り越えての快勝。政治問題も絡んで当初は出場も危ぶまれたキューバだが、堂々の4強入りを果たした。

 アマ最強軍団の底力を見せつけた。キューバが約4時間の死闘の末に地元プエルトリコを撃破して、堂々の4強入りだ。

 「2、3日前、選手らに『まだ大会は終わっていない。今は我慢のときだ』と話したんだ。きょうはキューバの実力を証明することができてよかった」。試合後は大喜びのベレス監督だが、過熱した試合はまさに前代未聞の展開を見せた。

 一回にプエルトリコの先発・ゴンザレス(ヤクルト)から3四球を選ぶなど無安打で1点先制。その裏にウィリアムズの先頭打者本塁打で同点とされるが、四回に押し出し死球や敵失などで3点を勝ち越し。優位に試合を進めていた。しかし…。

 「抗議による退場なんて別に珍しいことではない。WBCには最高の審判が集まっているようだし。彼ら(審判)はいい仕事をしたと思う」というのはベレス監督。

 問題のシーンは4-1で迎えた七回のプエルトリコの攻撃、無死一、三塁で起こった。代打・リディの二ゴロで、二塁カバーに入った遊撃パレの足が早く離れたとしてセーフの判定。これに激しく抗議したべレス監督が国際大会としては珍しい退場処分となった。それでもキューバナインは最後まで落ち着いてプレーを続け、八回の一死満塁のピンチも遊ゴロ併殺で切り抜けた。

 プエルトリコは1次リーグで2-12と敗れた相手。「(われわれの勝利が)驚きかもしれないが、偶然では五輪や世界では勝てない」とベレス監督。経済制裁など政治問題も絡み、一時は米国政府から大会参加を認められなかった最強国。名実ともに真の世界王座に向けて視界は良好だ。
(サンケイスポーツ) - 3月17日8時2分更新

スポンサーサイト

テーマ:WBC - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://76thstar.blog47.fc2.com/tb.php/84-05ddc9c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。